いっそ聞くプロにまかせる

日頃貯めこんだ不満や愚痴を、世間の人はどうやって解消しているのでしょうね。
自分は、周りの人にぶつぶつと愚痴をいうくせに、いざ周りの人から、愚痴を聞かされるといやになってくる。
人って勝手な生き物です。
自分が人に話していてもそうだと思いますが、他人が愚痴を言っている場合、
どうも、内容がどうどうめぐりしているように思えるので、聞くことを放棄したくなってくるんですよね。
男性などは、特に愚痴を行ってくる人に、
その問題がどうしたら解決できるかというアドバイスを言ってしまう人が多いのではないでしょうか。
しかし、「こうしたら」「ああしてみたら」というアドバイスは往々にして、愚痴を発している人から、否定されますよね。
「だって」「でも」「そうはいっても」という否定の言葉で、
自分がいかに窮地に立たされるかをアピールをしてくるわけです。
まあ、自分も周りの人に愚痴を言っているときもそうなっていると思います。
つまりは自分が変わる努力をせずに、自分を正当化したいのですよね。
なので、そんなことを繰り返していると、周りの大切な人と、ケンカになりかねませんので、
ここはいっそ電話相談などを利用して聞くプロに話しを聞いてもらう方がスマートかもしれませんね。
おそらく訓練を受けたであろう彼らなら、へたなアドバイスをせず、ひたすら聞いてくれるでしょうから。